• 院長

院内トリアージの実施について

当院では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、患者様との問診や診察の際には必要に応じて個人防護具(マスク・手袋・ガウン・フェイスガード等)を装着し、感染予防対策を行っております。


新型コロナウイルス感染症の症状は様々で、普通のかぜと見分けることが困難です。 そのため患者様についても、かぜ症状のある方、そのほか新型コロナウイルス感染症が疑われる方に対し院内トリアージを実施しております。

※かぜ症状とは:発熱・のどの痛み・関節痛・頭痛・咳など


前述の症状がある方を診察する場合、スタッフが感染予防対策の徹底(感染防止のための装備、消毒、換気など)を行うだけでなく、患者様には可能な限りの動線分離(待機・診察の場所、移動経路の分離)にご協力をお願い致します。


そして、院内トリアージの対象となられた患者様へは厚生労働省の規定に基づき「院内トリアージ実施料」を加算させて頂くこととなっております。

何卒ご理解のほど、宜しくお願い致します。


特にオミクロン株の症状は、感冒症状に似ており、咽頭痛が主な症状である場合も多いようです。

また、オミクロン株感染は軽症例が多く、初期症状は、花粉症の症状(ノドの痒みや鼻汁)と類似しており注意が必要です。

花粉症患者様には今年は、飛散シーズン前から積極的に治療を開始することがお勧めされます。




閲覧数:2,337回0件のコメント

最新記事

すべて表示